商業誌情報

和泉桂の商業誌情報をお知らせします。

<< 「ファーストステップ」 :: main :: 「水面に睡る月」 >>

「せつなさは夜の媚薬」ドラマCD

せつなさは夜の媚薬
・発売元:ムービック【Amazon】【bk1】

・原作:リンクスロマンス(幻冬舎コミックス刊)
・挿絵:円陣闇丸様
・封入特典:書き下ろしショートノヴェル付ブックレット
・仕様:2枚組
・原作→こちら

「続きを読む」の中身はアフレコレポートです。

<CAST>
清澗寺道貴:福山潤氏
クラウディオ・コルシ・バルディ・アルフィエーリ:諏訪部順一氏
清澗寺和貴:野島健児氏
深沢直巳:小西克幸氏
清澗寺冬貴:神谷浩史氏
伏見義康:遊佐浩二氏
清澗寺鞠子:増田ゆき氏 ほか
【アフレコレポート】
 某月某日「せつなさは夜の媚薬」の収録現場にお邪魔しました。今回は前2作と違って甘いラブロマンスなのですが、恋愛あり、事件あり、家族愛ありの盛りだくさんな内容で、一リスナーとして楽しませていただきました。
 諏訪部さん演じるクラウディオの甘い台詞の数々にはこちらまでときめき、対する福山さんの演じる道貴の可愛さや泣きの演技に打たれ、二人の幸せを祈らずにはいられませんでした。
 和貴役の野島さん、深沢役の小西さん、鞠子役の増田さんも随所で活躍してくださってます。特に、深沢と和貴はどこか明るい道貴カップルと違って閉塞感があり、色合いの異なる二人にどきどきしました。年長者として清澗寺家を見守る伏見役の遊佐さんと、妖精さんの冬貴役の神谷さんには、独特の色香が漂うカップルを演じていただき、いつもながらうっとりしました。
 こうして演じていただくことにより、各キャラクターの人間性や関係性がはっきりとわかるだけでなく、個性のある面々が家族としてしっかり繋がっていることをひしひしと感じ、毎回本当に感動しています。今作も素晴らしいCDにしてくださったスタッフや関係者の皆様に、心から御礼申し上げます。どうか聞いていただけますように。(小説リンクス08年2月号より再録)
comments (12) : - : edit

Comments

和泉 桂 ... 2007/12/25 07:30 PM
さらら様>
ご感想ありがとうございました。
ドラマCDはいろいろ制約が厳しくてシナリオチェック時には頭を悩ませるのですが、原作とはまた別のものとして楽しんでいただけると嬉しいです。
「罪の褥〜」についてもどんな感じになるかはムービックさんと相談していますので、ご意見等がありましたらムービックさんにお寄せいただけると幸いです。
さらら ... 2007/12/24 11:34 PM
こんばんわ。ドラマCD「せつなさは夜の媚薬」、予約して購入しましたが、期待以上の仕上がりで、目で読む小説と違う表現の違いや、活字では分からなかった登場人物の感情表現の広がりを堪能しました。


ひそかに楽しみにしていた、深沢×和貴の濡れ場、予想よりよくて萌えました。
クラウディオと道貴の交互のモノローグは新鮮で、心の内に秘めたお互いの感情の移り変わりや2年後の声のトーンの違いなど、プロの役者さんならではの細やかな演技に感動しました。

CD予約時ですが、発売3週間前頃に某メイトに行った所、予約券そのものが品切れていて、口頭でレジに予約を告げる事になりましたが、出足のよさに驚きました。それが、もう伏見×冬貴編のCD化に繋がるとは、嬉しい驚きです。
この作品は、全編冬貴の喘ぎ声で終わらないと思いますが、仕上がりが待ちきれません。
和泉 桂 ... 2007/12/24 09:43 PM
トモミ様>
いつもご感想ありがとうございます。
CDは通して聞いてみたところ、自分の普段の作品とはまた違う感じで、一リスナーとして楽しみました。
和貴・冬貴のシーンもそれぞれ印象深かったと思います。
リンクス新聞のインタビューの時は、「冬貴が5分くらい喘いでる」ってところは、後ろで神谷さんの実演付きでした(笑)。冬貴のモノローグはちょっと思いつかないです(笑)。
トモミ ... 2007/12/24 07:42 PM
お誕生日おめでとうございます。先生の作品の御陰で充実した萌えをいつもいただいております。

「せつなさは夜の媚薬」も早速拝聴させていただきました。先生も仰っているようにとても良い意味でのメロドラマで、元々原作だけでもロマンティックだったこの作品が音声化される事により、様々なシーンでの破壊力が増して2枚聞き終えた頃にはもう萌え尽きる感じでした(笑)
道貴のまっすぐさやクラウディオの道貴賛美はもちろん、裏ハイライトでもあった目撃シーンも最高でした…全サCDでも伏見による和貴の視姦&言葉責めがありましたが今回も萌えさせていただきました…。
冬貴&伏見も相変わらず存在感があって鞠子も可愛く…早くも妖精編が決まったとのことで…どんな感じになるのか楽しみです。リンクス新聞でもキャストの方が"次に喋るのは攻めの伏見でそれは想像に難くなかった"という事を仰っていたのが面白かったです(笑)。
和泉 桂 ... 2007/12/24 07:31 PM
suzuna様>
ご感想ありがとうございます。
今回は拙著には珍しく受け攻め双方向のモノローグがある話なので、バランスよく楽しんでいただけたのではと思います。
「罪の褥〜」が決まったのも予約が好調だったおかげなので、次作以降に関しても売上げ次第となります。気が向かれましたら、お手にとっていただけますと幸いです。
suzuna ... 2007/12/23 07:32 PM
新刊コーナーで原作を初めて手にした時から、
ひたすら待ち続けました「せつなさ〜」のドラマCDを手にしまして、
願いが叶った幸せに浸りながら、
拝聴させていただきました。

発売日が確定した直後に予約したのですが、
商品が発売日前日に届くという、
嬉しいサプライズもありました(笑)

早速拝聴してみれば、道貴・クラウディオのモノローグが、
程よい程度に混ざり合って、
お二人の苦悩と幸せをしみじみと噛み締めました。
本当の幸せを手にするまで二年かかったお二人ですが、
聞いている方の私としても発売を待ち続けておりましたから、
聞き終わった後の感動はいつもより大きくなっておりました。

メインのお二人以外にも、それぞれの皆様を印象付けるシーンが入っていますから、
二枚組み以上のお得感が…。

さらにちょうど二枚とも聞き終わり、幸せで胸がいっぱいでした頃、
メルマガで「罪の褥も濡れる夜」も製作される事を知り、
驚きと嬉しさが二重で(笑)
これでまた指折り数えて発売を待つ日々に戻りますが、
ステキな作品になるのだろうと今から楽しみです。

さぁあとはムービックさんまで、
アンケートハガキを忘れないうちに送付しましょう(笑)
和泉 桂 ... 2007/12/22 11:05 PM
ラッコリ様>
ご感想ありがとうございます。
今回ご指摘いただいて初めて、そういえば三兄弟の攻は全員思惑を隠してるんだな〜と気づきました。
クラウディオは好きな相手を甘やかすタイプですが本人は苦労人なので、結構厳しいところが多いですよね。そこが彼らしいと思っています。
ラッコリ ... 2007/12/22 10:22 PM
シリーズ3作とも聴きましたが、好青年の優しげな声音で登場した攻めキャラがそれまで隠してきたことを明かした後の態度が、性格と出自が異なるぶん三者三様で、それぞれ魅力的でした。
今回は予想以上にクラウディオのモノローグがあって、攻めキャラのモノローグを聴ける機会はそう多くないので、うれしかったです!

三男のお話は、長男と次男に比べて甘いと思っていましたが、クラウディオの台詞が甘いだけで、そんなに甘くもなかったのだとこれを聴いて思いました…。
甘い台詞を言う人が怒った時の心の声はこんなに怖いのだと。
期待以上におもしろかったです!
和泉 桂 ... 2007/12/22 01:47 PM
ゆみこ様>
すみません、自分のレスを公開にするの忘れてました。
イタリア語のシーンはあまり多くないのですが、道貴とクラウディオのそれぞれの性格が出てると思います。
この二人はじつはものすごく書きやすいので楽しいです。とてもお似合いの二人だと思っています。
ゆみこ ... 2007/12/13 11:39 PM
お忙しい中わざわざお返事頂き、どうもありがとうございました。
CDの発売が楽しみです。
イタリア語を話すシーンもあるのですね。本当に楽しみに待っています。
アルフィエーリには旗手という意味もあるので、道貴が自分の道を見失うことが無いような、二人の幸せを意味するような、そんな名前のような気がしていました。
これからも新刊やCDを楽しみに待っております。
和泉 桂 ... 2007/12/12 10:35 PM
ゆみこ様>
書き込みありがとうございます。
アルフィエーリ家はそのとおり、彼から取りました。
CDのブックレットと雑誌にラブラブなSSを書きましたので、どうかお楽しみに。
ゆみこ ... 2007/12/11 11:12 PM
CDが本当に楽しみです。
ところで、アルフィエーリという名は、やはりヴィットーリオ・アルフィエーリからとられたのでしょうか?
ナポレオン以前の結婚制度(奉仕する騎士が嫌いだったから?)に批判的な戯曲を数多く残しているあのアルフィエーリなら、きっと道貴とクラウディオの愛を祝福してくれるに違いないと、ちょっとにやりとしました。
これからも、CDばかりでなく、もちろん新刊も楽しみにしています。

Comment Form