商業誌情報

和泉桂の商業誌情報をお知らせします。

<< 「せつなさは夜の媚薬」ドラマCD :: main :: 「リンクス」miniのお知らせ >>

「水面に睡る月」

水面に睡る月
・ルチル文庫(幻冬舎コミックス
・挿絵/あかつきようこ様
・ISBN 978-4-344-81292-5
【Amazon】 【honto】

内容紹介
記憶喪失の凪は、地主・明邦の屋敷に住むことに。穏やかだった暁邦に強姦され、愛人として夜伽をするよう命ぜられた凪だったが…!?


ご感想等(ネタバレもOKです)があれば、この書き込みの「コメント」に書いていただけると嬉しいです。
以下、コメントはネタバレの可能性がありますので、ご覧になるときはご注意ください。
comments (4) : - : edit

Comments

和泉 桂 ... 2008/04/16 08:29 PM
李里様>
書き込みありがとうございました。
今回はいろいろ実験的な書き方をしたので、様々なご感想をいただいて楽しく拝読しております。
こういうふうに一つのテーマを追うのも楽しいので、また違うかたちで挑戦したいと思っています。
李里 ... 2008/04/16 12:58 PM
読みました。
天にある月が地上に降りるには、その影を宿すための水鏡が必要であるように、凪がこの世で生きていくためには、暁邦という人間が必要だったのだろうと思います。
それなのに、その一番大切な相手を憎まねばならなかった凪の孤独を思うと、胸が痛みました。
凪は、記憶を手放した今、ようやく本来の居場所に帰ることができたのではないでしょうか。
暁邦が羽衣を返さないのも、凪の意識下にある真の望みを知っているからなのだろうな…と思います。

素敵なお話を、ありがとうございました。
和泉 桂 ... 2008/03/31 09:16 AM
にゃんた様>
ご感想ありがとうございました。
今作はちょっと変わった構成になったので、楽しんでいただけたようなら嬉しいです。
そういえば縄の味……はあんまり書けませんでした。またいつか挑戦したいです(笑)。
にゃんた ... 2008/03/30 11:21 PM
やっと読めました!冒頭はああ繋がるのですね。ちょっとぞくっとしました。
過去の2人がもっと見たかったです。
素直な凪に慣れてたので、なんか新鮮でした。
一冊の本の中の出来事なんですけど、もっと読みたいと思いました。
ついでに、凪にはすいませんが。縄の味・・・の部分もちょっと読みたかったです(笑)

Comment Form