商業誌情報

和泉桂の商業誌情報をお知らせします。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「君のいない夜」

君のいない夜
・SHYノベルス(大洋図書
・挿絵/雨澄ノカ様
【Amazon】 【honto】


SSや壁紙プレゼント、インタビューなどが掲載された特設ページを作っていただきました!
君のいない夜特集

ある夜、大学生の瑛人は、自宅の前で倒れていた青年を助ける。
もう……、離れたくない──
初めて会ったはずなのに、そう呟いた彼は、驚くほど整った美貌の持ち主だが、凜という名前以外、自分のことをなにも教えようとしない。
俺を知ってるだろ? 本当に覚えていないのか?
何度も繰り返し、そう確認してくる懍に、瑛人は初めて会ったと答えるしかなかった。だけど、どうしてだろう、彼と一緒にいると安心できる。彼のことを信じたくなる── そんな自分に驚いていた。たったひとりの運命の人を求めて、ふたりの恋が始まる!!

★表4のあらすじにミスがありました。人名は正しくは「凜」です。謹んでお詫び申し上げます。
comments (2) : - : edit

「タナトスの双子 1917」

tanatos1917
・SHYノベルス(大洋図書
・挿絵/高階佑様
【Amazon】【honto】
【honto】※電子書籍 【電子貸本 Renta!】 【電子書店 パピレス】

内容紹介
「欲しいのは憎悪だけか…?」
オルロフ公爵家の嗣子として、皇帝に仕える近衛師団の大尉として知られていたユーリだが、自らを犠牲にしながらも愛する者の裏切りに遭い、生きる意味を見失っていた。副官のヴィクトールはそんなユーリに屈辱と服従を与え、憎しみを糧に生きることを強要した。一方、生き別れていた双子の兄であり帝政派の敵であるミハイルは、幼馴染みのアンドレイと共に、ロシアを離れたユーリを追い詰めてゆく!憎しみと裏切りが錯綜するなか、ふたりが手にしたものは……

★大洋図書のサイトでPOPをご覧になれます。
- : - : edit

「タナトスの双子 1912」

tanatos1912
・SHYノベルス(大洋図書
・挿絵/高階佑様
【Amazon】【honto】
【honto】※電子書籍 【電子貸本 Renta!】 【電子書店 パピレス】

内容紹介
「軽蔑しているのに、私に従うのか」
時は帝政ロシア末期。オルロフ公爵家の嗣子ユーリは天使のように優美な容姿を持ちながら、近衛師団では切れ者の大尉として知られている。そして、彼のそばには副官のヴィクトールが常に付き従っている。目的のためなら躯を利用することも厭わないと噂のユーリを侮蔑を籠めた目で冷たく見ながらも、屈従を崩さず──
折しも、ユーリは幼馴染みのマクシムからある青年を紹介される。それは死に別れたはずの双子の兄、ミハイルだった!? 愛と憎しみ、憧憬と裏切り。複雑な想いが絡まり合い……

★大洋図書のサイトでPOPをご覧になれます。
- : - : edit

「闇に契りし者、汝の血を」

闇に契りし者、汝の血を
・SHYノベルス(大洋図書
・挿絵/蓮川愛様
・ISBN 4-8130-1134-9
【Amazon】 【honto】
【電子貸本 Renta!】 【電子書店 パピレス】

・ドラマCD→こちら

内容紹介
「肉体も魂も、差し出せる限りのすべてを差し出せ」
吸血鬼が跋扈すると評判の十九世紀、ロンドン。その下町で、月笙は人に知られてはならない秘密を持つため身を隠すように暮らしていた。そんなある夜、ひとりの男が現れる。それは魔の領域に近づきすぎたため破門された司祭、アレクシス・ダウンディングだ。彼こそが月笙が待ち続けてきた男なのか?
自分を蔑み、力で隷属させようとするアレクシスに激しい嫌悪と憎悪を抱く一方で、月笙の躰はアレクシスの匂いに酔い、触れらてただけで痺れてしまい・・・光と闇の眷属が奏でるゴシック・ロマン誕生!!


ご感想等(ネタバレもOKです)があれば、この書き込みの「コメント」に書いていただけると嬉しいです。
以下、コメントはネタバレの可能性がありますので、ご覧になるときはご注意ください。
comments (6) : - : edit

「甘い雫の満ちる夜」

甘い雫の満ちる夜

・SHYノベルス(大洋図書
・挿絵/佐々成美様
・ISBN 4-8130-1002-4
【Amazon】【honto】
【Renta!】※電子書籍

内容紹介
「どうやったら旦那様の快楽にお仕えできるのか教えて下さい」
 世間知らずの知里は、女衒(ぜげん)の手から逃げ出したところを、富裕な広瀬伯爵家の次男・秋成に救われる。だが、広瀬が恩人であるにも関わらず、知里は彼の傲慢でシニカルな態度に素直になれず、売り言葉に買い言葉で広瀬の愛人として屋敷に暮らすことになる。性について未熟な知里に、広瀬は夜毎快楽を教え込んでいくのだが……!?


ご感想等(ネタバレもOKです)があれば、この書き込みの「コメント」に書いていただけると嬉しいです。
以下、コメントはネタバレの可能性がありますので、ご覧になるときはご注意ください。
- : - : edit
1/1