商業誌情報

和泉桂の商業誌情報をお知らせします。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「花待つ君に捧ぐ愛」

花待つ
・ルチル文庫(幻冬舎コミックス)
・挿絵・yoco様
【honto】 【Amazon】


オール書き下ろしの新作。1月の「花待つ夜に奪う愛」のスピンオフですが、前作とはあまり関係ないので知らなくても読めます。
コミコミさんでの特典はイラストカードです。
- : - : edit

「子爵と冷たい華」

子爵と冷たい華 
・GUSH文庫(海王社)
・挿絵・円陣闇丸様
【honto】 【Amazon】
オール書き下ろしの新作。
幕末〜明治時代の華族世界が舞台です。
<あらすじ>
自分と母を捨てた父に復讐するため、性別を偽り花街で芸妓として暮らす志季。一振りの短刀だけが父を探す手がかりだった。ある夜、穂積という男に躰の秘密と復讐心を知られてしまう。穂積はなんの気まぐれか、復讐の手助けをしてくれると言うが、その代償は…躰。目的のため、志季は己の身を差し出すが―――「子爵と冷たい華」
兄が急逝し、跡継ぎとなった嵯峨野経行。家のしきたりでいわくつきの一族に仕えることになるが、その若き当主・貴久との出会いは運命的なものであった―――「華の枢」 淫靡な時代浪漫2編。
の2本立てでお送りします。

※全員プレゼントの折り本企画があります(応募締め切り4/20。帯の応募券が必要です)
※コミコミ特典として小冊子がつきます。→こちら
- : - : edit

「花舞う夜に奪う愛」

hanamauyoru
・ルチル文庫(幻冬舎コミックス)
・挿絵・yoco様

オール書き下ろしの久々の新作。大正ロマンかつ怪盗もの。
【Amazon】 【honto】


※コミコミスタジオでお買い上げの方にSSペーパーがつきます。→コミコミスタジオ
- : - : edit

清澗寺家シリーズとは……

平安時代から連綿と続く公家の名門・清澗寺(せいかんじ)家。秘技秘術をもって帝に仕え、もともと色狂いの一族として知られています。
第一部は、大正時代前後を生きる清澗寺家の三兄弟(国貴・和貴・道貴)+父(冬貴)の物語。
第二部は、戦後に時代が移り、和貴が養子に迎えた双子(弘貴・泰貴)とその兄(貴郁)の物語。
挿絵・円陣闇丸様。幻冬舎コミックス・リンクスロマンスより発売。
第一部の1〜5巻は文庫化されております。これ以降の文庫化の予定はないので、新書あるいは電子書籍でお求めください。
(出版社による一覧→こちら

長いので折り畳みます。

続きを読む>>

- : - : edit

「睡郷の獣」

睡郷の獣
・挿絵 サマミヤアカザ様
・リンクスロマンス(幻冬舎コミックス)
【Amazon】
【honto】


獣人と人間が共存する世界。純血種の獣人であるニナは、父が国王に反逆した罪で投獄され、その身をとある実験に使われることに…。

以前雑誌に掲載していただいた前後編を思いっきり加筆修正しました。よろしくお願いいたします!

※コミコミスタジオではSSペーパーつき。→こちら
- : - : edit

「淫紋の贄」

淫紋の贄
・挿絵 笠井あゆみ様
・GUSH文庫(海王社)
【Amazon】
【honto】

破壊や殺戮を請け負う外法使いが集う村で、巫として暮らす時雨。
お方様の命で高名な咒禁師・楸に近づくが、記憶喪失を装った時雨を自宅に住まわせてくれた剛胆な楸のそばは温かく、しだいに惹かれていった。
しかしそんな矢先、村に連れ戻された時雨は、眷属に力を与えるためと雄に隷属する淫紋をつけられ、男どもに蹂躙されてしまう。
楸を想い心は抗えど、快楽に呑まれ男の性を貪欲に享受する躰──。
そして淫らな業を身に宿したまま、楸のもとに戻され…!?

※コミコミスタジオでは小冊子+イラストカードつき。→こちら
- : - : edit

「絢爛 〜清澗寺家プレミアムブック〜」

絢爛
和泉桂&円陣闇丸著(敬称略)
幻冬舎コミックス
予約限定生産(予約〆切済み)ですが、まだ購入できる書店もあります。

清澗寺家シリーズ完結を記念してのファンブック。
シリーズで使用したカラーイラスト全てを収録。
モノクロイラストや滅多に見られないラフに加え、 一族の歴史や年表、名シーン抜粋にキャラクタープロフィールなど 貴重な情報が盛りだくさん!
書き下ろし小説に描き下ろし漫画も収録!
※内容は予告と変更されることがあります。

<2018年3月時点で「在庫あり」のネット書店>
ご確認のうえお買い求めください。
Amazon
honto
楽天ブックス
Honya club☆書店での受け取り可能
TSUTAYA
e-hon☆書店での受け取り可能

P131のドラマCDキャスト名において、伏見義康役の遊佐浩二氏のお名前が漏れてしまっております。最終稿の段階で間違って削除されてしまったようで、大変申し訳ありませんでした。
また、コミコミスタジオさんのペーパーでコゼットと表記されていますが、正しくはコレットです。修正が反映されていなかったようです。大変申し訳ありませんでした。(「絢爛」のほうでは正しいのでほっとしました……)
- : - : edit

「紅楼の夜に罪を咬む」文庫化

紅楼の夜に罪を咬む
・ルチル文庫L(幻冬舎コミックス)
・挿絵・円陣闇丸様
・書き下ろし「双宿双飛」(浅野×国貴)
本文を新書のときよりも大幅に加筆修正しました。
【Amazon】
【honto】

全部購入してくださった方に小冊子をプレゼントする企画をいたします。一次〆切は2016年9月末です。 →知らせ
よろしくお願いいたします。
booklet.jpg
- : - : edit

「東都日報絵師の事件帖 帝都の夜に潜む罪 」

帝都の夜に潜む罪
・挿絵 さとい様
富士見L文庫

明治26年――帝都で若い女性の惨殺死体が発見された。現場取材を終えた東都日報の新米探訪・青海が、腕利きの浮世絵師で幼馴染みの敷嶋貴音に事件の話をすると、彼は「次の殺人もあるかもしれないな」と言い出して!?

【Amazon】
【honto】

★コミコミスタジオさんでSSつきペーパーが特典でつきます。→
帝都バナー
- : - : edit

「光満ちる日々」

小説リンクス5月号
清澗寺家シリーズ完結記念の短編です。
道貴を中心に第一部のメンバーの「それから」を切り取りました。

【Amazon】
- : - : edit
<< 2/18 >>